Facebook

Ninja

  • Ninja

Analyzer

無料ブログはココログ

アクセスランキング

ランキングデータ

« 味好堂 | トップページ | 「給油継続」だめなら内閣総辞職も、首相が示唆 »

2007年9月 5日 (水)

ふと想うこと

私がゴルフから学んだこと。それは、あきらめないこと。
ゴルフのスコアはあきらめたとき、ただひたすら数字が大きくなるだけ。
どんなに、ひどいスコアをだしたホールがあっても、大事なことはあきなめないこと。
そうすれば、悪い中でも、何か光が見えてくるもの。仕事も、人生も、恋愛も同じでは・・・。

私がキロロからが好きな理由。それは、常に前向きな歌を届けてくれること。
玉城千春さん、早く復帰してください。そして、母としての歌を早く私たちに聴かせてください。

60年代のCountercultureの反動が70年代のSinger Song Writerの時代を生んだと、どこかで書きました。68年のシカゴ民主党大会での学生の挫折、69年のウッドストック。それらを経て、たくさんの人々が、旅立ち、あるいは個の足元を見つめ始めた。でも、80年代にはどう繋がっていったのか?私にはわからない。ロックが、商業主義化するなかで、U2は、商業主義に染まっているのか?

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」が最近よく読まれているとか。私も大学時代(いまから30年前)に読みました。「ゾシマ長老の生涯」が印象的でした。あるキリスト教会の長老が聖書に則って、異教徒を弾圧しているだけで、そのどこが悪いと、目の前に現れた“イエス”にわめき散らす。自分を正当化するために。そして、お前など(その長老は目の前に現れたのが“イエス”だと本当はわかっている。)、今の時代に現れるべきではないのだと嘯く。“イエス”が現ることの方が今の均衡を乱すだけなのだと、主張する。それを聞き、“イエス”は、ただ、その長老の額に口づけをする。それも、何も言うことなく・・・。
ジャン・コクトーがカトリックに入信する前に、神父様に言う。 「私は、麻薬もやりましたし、女ともやっただけでなく、男とも・・・。数限りない神の道に背く行為をしてきました。そんな私でも入信できますか?」 神父は答える。「あなたは、気づかなかったかもしれませんが、そんなあなたを、神様はずっとみてましたよ。」

あなたを、ずっと想うことで、あなたが幸せになることを、私は祈っています。

ギターを弾きながら、歌を歌うとき、自分の歌であれ、誰かの歌であれ、私の心は歌と伴にあり、瞼を閉じれば、あなたの心が見えます。瞼を開けたら、あなたのこころは見えるだろうか?

« 味好堂 | トップページ | 「給油継続」だめなら内閣総辞職も、首相が示唆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92791/16355245

この記事へのトラックバック一覧です: ふと想うこと:

« 味好堂 | トップページ | 「給油継続」だめなら内閣総辞職も、首相が示唆 »

日本ブログ村ミュージシャン応援

アクセスカウンター@

閲覧中です