Facebook

Ninja

  • Ninja

Analyzer

無料ブログはココログ

アクセスランキング

ランキングデータ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

釧路から帰京して✈️

北海道から帰ってきて数日。十勝から羽田へ着陸前に”こちら東京と十勝の温度差は10度でございます”と機内アナウンスを聞いて直ぐにブルゾン脱ぎました。

 
自宅へ帰ってきました。でも、何かいつもと違います。”Kiroroの世界を堪能できてよかった”とか”やっぱりKiroroっていいよね”とか、今月始めに島根益田市から帰ってきたときに思ったのとは異なるのです。
 
どうやったら千春さんの声が上手く復活するのかなthink 
 
2010年5月に千春さんは西尾芳彦氏主宰の音楽塾ヴォイスに入塾。絢香を世に送り出したヴォイスで、絢香さんのように歌えるようになりたいと思ったのが入塾のきっかけ。三輪コウダイ氏に師事しレッスンを受けています。その時のことは、千春さんこんな風に語っています。
 
痛めた喉を元に戻したいと思っても、自己流では戻しきれなかったんです。何がいけないのかもわからない状況だったのが、レッスンを受けたことでいけないところがわかりましたし、その後はちょっと変だなって思ったときに自分で戻せるようにもなりました。ものすごくいい勉強をさせてもらいましたねsign03

 このレッスンの翌年の2011年の千春さんのソロアルバムや何回かのコンサート、そして2013年12月から始まっている今のKiroroの最初の頃のperformanceは上記の発言そのものを現していたと思います。

今回の釧路での件でも”一歩一歩前に進みます”と言ってた千春さんのことだからきっと”Chiharu Comes Alivescissors"だと思いますnote

大分県宇佐市も山口県周南市もまだチケットありますよ。会場でも発売してますし、ローチケやぴあ、イープラスのネットでも買えます。

さあ、Kiroroのコンサートへいきましょうrun

2017年9月27日 (水)

幕別町と釧路のブログを写真でアップデートしました☺️

幕別町と釧路のコンサートとトーク編それぞれ写真を入れてアップデートしました。又、釧路のトーク編にコンサート前ランチの事を加筆しました。

 
全ての写真がクリックすると別ウインドウで拡大して見れます。
 
釧路から帰ってきて2日経ちましたが、もうすでに千春さんは子供の小学校の送り迎えを車でやっているんでしょうね。
 
次回の宇佐市ではベストな千春さん聞けると良いですねnote

Kiroroコンサート 2017 at 幕別町百年記念ホール in 北海道(トーク編)

小学校6年生の時に読谷村からの交換留学生として池田町に来た千春さん、この地で耳にしたアイヌ語をもとにKiroroというグループ名を決めました。心とか広いを意味するKiroro-anとか、 人間が踏み固めた道という意味のkiroruが由来となっていますという説明を千春さんしてくれました。

今日のトークのスタートはトラクターから。普通畑にいるやつ、あのトラクターが車の横を通り過ぎて行くんだよすごいねと感動する綾乃さん。いまいちついていってない千春さん。この話、翌日の釧路でも出て、そこでは千春さんの座布団一言が出たんです。

洋服どんなものを持っていったらいいのかわかんない。二人は北海道出身のスタッフに相談したそうですが薄手の洋服でこちらに来てしまって寒かったとか。今、沖縄30度、当地幕別町16度。朝は9度。びっくりしますと千春さん。こちらでは。夏はあまり冷房を使わないですよねと千春さんが客席に問いかける
と、使いますよねと綾乃さん。観客席からは、“使います”という返事が返ってきました。

ジンギスカン美味しかったhappy01  沖縄のヤギ汁は二人とも好きではないと千春さんが言いました。そのヤギ汁の連想でジンギスカンを考えていたのでまちがいだとわかりました。宿泊先のホテルでマッサージを受けた千春さんはその彼女からジンギスカンについてのたくさんのinputをもらったそうです。“北海道の人は週一食べるよ。各家庭にはジンギスカン鍋あるよ。そして, Myジンギスカン鍋を持ってます。“ とかを聞いたそうです。これらの全てを客席に聞きました。Myジンギスカン鍋以外は皆さんそうだ、そうですという反応だったとおもいます。
   
千春さん続けて”大阪の各家庭のたこ焼き鍋みたいなものだよ。でも麦わら帽子のような形してるけど“ すかさず綾乃さん、”エッ、麦わら帽子sign02

1_2

この日のランチは帯広の宿泊先の近くにあった”豚丼ぱんちょう”。美味しかっです。昭和初期を起源とする味を今も引き継いでいるとのこと。微妙な肉の焦げ目とタレ、ご飯が一緒になった味が何とも言えず美味しかったです。

2_2

Kiroroコンサート2017 at 幕別町百年記念ホール in 北海道

2

1.  Kiroroのコンサートへようこそ
2.  長い間
3.  好きな人
4.  紅芋娘
5.  月の夜
6.  大きなうた(1979年発表の唱歌)
7.  アニバーサリー(新曲、千春さんと綾乃さん、片山君で作った曲)

(綾乃コーナー)
8.  ちいさなうた(作詞:金城綾乃 作曲:CHI-MEY)
9.  おばあちゃん

10. Best Friend
11. 幸せの種
12. おやすみのうた
13. 生きてこそ
14. みんなあなたを愛してる
15. 帰る場所
16. 未来へ

(アンコール)
17. あなたに会えなくなって(新曲)

18. 花は咲く

ここ幕別町に来たら16度で、30度の沖縄からきたからびっくりのイントロではじまりました。
 
次の「長い間」、切なさをうったえる感じが凄く前面に出てているせいか色っぽかったです。この曲、千春さんが語りかけるように歌っているときそんな風に聞こえる気がします。声がスムーズの時は高い音がどこまで出るかを試し試ししながら歌わないので余計に色っぽく感じたのでしょう。
 
2曲目が、「ひまわり」ではなく「好きな人」です。なぜ、変わったのかな。「長い間」と似たような歌い方になる曲を持ってくることにより、より声の出具合を千春さんは確認したかったのでしょうか。今年初めてステージで聞いたので綾乃さんのピアノの間奏と片山君のコードストロークが印象的だったし、綾乃さんのコーラスがいつもより強く歌っていたので、”会えなくなーるね”のサビがまたもや切なさを増幅させて聞こえたと思います。 そういえば、ギター伴奏の入った「好きな人」を聞いたのとても久しぶりではないでしょうか。いつもは、綾乃さんのピアノ伴奏のみでしたから。
 
そして「紅芋娘」です。”カメーカメーカメーカメー”、この四つ目の”カメー”のところが最も高くなるのですが、今夜は最初は恐る恐る歌い最後のほうは上手く歌えていたので千春さん軽く納得の表情。だから楽しそうです。
 
”チュッチュラ チュラー チュッチュラ チュララー”の「月の夜」。私の周りはあまりコーラスの参加してないように思えたけど千春さんの反応は”Whoa"という感じでした。他の観客は参加していたということでしょう。
 
「大きなうた」の輪唱と手拍子はちょっとでも輪唱の歌詞に気を取られると手拍子が乱れてしまうんですね。片山君の歌唱のとき、”大きなフネ”なのか”大きなユメ”かがわからないと思った瞬間に手拍子が外れてしまいました。千春さんの替歌は北海道の色々な食べ物が美味しいという内容のものと大きな愛情でビッグママになりたいというものでした。結構、千春さんの本音なのではhappy01
 
新曲の「アニバーサリー」のサビのところで"Best Friend"が出てくるのが初めてわかりました。因みにこの曲では歌詞のあちこちにKiroroの歌のタイトルがでてくるのです。片山君のギターのカッティングも印象的です。
 
そしてトークコーナーです(別稿)。
 
千春さん退場
 
綾乃コーナーです。
 
実は全く個人的なことなおですが、今夜の席は前から3列目の片山君の前辺り。千春さんが歌う時に使っている楽譜台と綾乃さんが重なり、初めて綾乃さんの顔を拝見しました。
 
今夜の「ちいさなうた」の綾乃さん、声が良く出てました。あの透き通ったトーンが響いていたと思います。だから囁きのと ころもよりはっきりと聞こえてました。good
 
2曲目が「おばあちゃん」。病気になったおばあちゃんのところへ忙しくて帰れず、やっと帰れた時、目の前にいたおばあちゃんの弱った姿をみて東京(当時)に帰る飛行機の中で作った歌だそうです。綾乃さんの優しさいっぱいの曲。エンディングの伴奏はまたアドリブでしょうか。
 
千春さん再登場。
 
今夜のように千春さんが歌う「Best Friend」聞いたことがありません。いつものように左手を右から左へ大きく伸ばして笑顔で歌っていないのです。両手を真ん中でくみ、少し目を潤ませながら歌ってました。そのせいか綾乃さんのピアノの間奏も明るくはきこえていなかった気がします。なにがあったんだろうsign02
 
「幸せの種」は今やこのタイトル通りの歌になってます。誰もが持っている”幸せの種”に花を咲かせてほしいという祈りの曲になりました。転調後の最も高い音をファルセットで歌っている今夜の千春さんより生声で挑戦する千春さんが好きなんだけと、こんな風に歌う千春さんもそろそろ好きにならなければ・・・。
 
「おやすみのうた」をじっくり聞きながら、子育てに勤しむ今のKiroroのプライベートをそのまま醸し出してくれる歌だと思いました。
 
「生きてこそ」を今夜は静かに歌いだしました。サビになってもこの調子。でも転調後の”生きてこそ”と歌われるところは違いますよー。”イェー”のコーラス部分もそうです。圧倒的ではなく力強いといえばいいのでしょうか。
 
片山君再登場。
 
「みんなあなたを愛してる」を歌っているときまた、目を潤ませていた千春さん。観客みんなで”みんなあなたを愛してる みんなあなたを愛してる”と歌いました。歌い終わると観客全員で拍手、そしてコーラス部分をみんなで手拍子しました。歌い終った千春さんしばらく観客席に背を向けてました。そこのところを綾乃さんがMCでつなぐ。
 
「帰る場所」です。今夜の千春さんの歌い方の特徴は8小節の歌いの最後のところは短く歌うというところでしょうか。伸ばさないのです。何か思う気持ちがあり伸ばしていないように感じました。目を潤ませているシーンが多いことも影響しているのかもしれません。 片山君のギター耳に残りますよね。
 
やっぱり優しく歌いだし、8小節の終わりは伸ばさない歌い方の「未来へ」。高い音はクリアに歌えているので、思わず惹きつけられてします凄さは健在。”未来へ向かってあるいていこう”で終わるその終わり方が今までのストレードとは違い、どこか味がある。
 
アンコールです。
 
「あなたに会えなくなって」が1曲目。亡くなった義理のお父さんのことを思う義理の母のことを歌った曲。その背景を聞いて千春さんと綾乃さんの美しいハーモニーを聞くと、また言葉を失います。 歌のやさしさ切なさ、片山君のシンプルなアルペジオのギター。全てが私に優しく向かってきます。

1「花は咲く」を歌いますと千春さんが言うと、客席から期待の雰囲気が出ました。

千春さんのファルセットの部分の透明さから生声に変わるときの区別があまりにスムーズすぎて、もう私もわかりません。美しい歌があるとすると、私は間違いなく千春さんのこの歌を挙げます。
 
握手会で開口一番千春さんに聞きました。冒頭の自己紹介の後に”ちはるー”って声がけしたのわかりました? 千春さん、”わかりましたよ”との答。声掛けのタイミングが悪すぎると思っていたので本当かなと思いつつ、ただただうれしかったです。
 
明日は釧路ですねnote
 
*写真はクリック後ポップアップします
 

2017年9月25日 (月)

Kiroro at 釧路市民文化会館 in 北海道(トーク編)

2_3

イントロ曲が終わると千春さが、"私たちそれぞれ子供が3人いて、子育てに・・・”と客席に向かって言と、”へぇー”の反応。すぐに、”Kiroroのコンサート今日初めてという人拍手”と言うと、大きな拍手ありました。”では、過去に何回か来たことのある人”と言うと、私を含めてパラパラ。今夜の観客はほとんどが初めての人ばかりです。

トークコーナーの最初の話題は千春さん、綾乃さんが鹿に出会った話。車に乗っていたら鹿に出会って感激の二人。狸とかも出るんですかと客席に聞く綾乃さん。戸惑う観客。アッそうだ。キツネかと納得する綾乃さん。すかさず千春さんがマングースの話にスイッチ。毎朝、子供を小学校へ車で送っている千春さんはその途中で今までに5回マングースにであっているそうです。何と綾乃さんは見たことがないそうです。沖縄にはリスの代わりにマングースがいるそうで、リストとの違いは尻尾が長いかどうかだそうです。綾乃さん、”毎日アドベンチャーだね”と綾乃まとめでした。

そして、昨晩の幕別に続きトラクターの話。道路を走っているトラクターにやたらに感激している綾乃さん。普通は畑にいるじゃないと言うと。千春さんが、一言。”畑に行くのに道路通っていくじゃないsign01” ”アッ そうか”と綾乃さん。 千春さん座布団一枚happy01

さらに除雪車の話。今、買うと3年間保証ついてるというCMをみた綾乃さん。千春さんが、”沖縄で冬に冷蔵庫を買うと安いというのと一緒ですよね”と言いつつ、ステージでこんな下世話な話してどうすんだ”

千春さんがコンビニで買ったカマンベールチーズが美味しかった話。北海道はやっぱり乳製品が違う、スーパーで買ったらもっと美味しいのかな”とやや意味不明。そして、綾乃さんが言いました、”さっき片山君が言ってたけど、牛乳が何かヨーグルトみたいな味だって。いったいどっちなんだろうsign02” すかさず千春さん、”何が、牛乳は牛乳でしょ” 綾乃さん、”アッ、そうか”

今夜も綾乃さんが目の前で見たことから想像が始まり、その想像を千春さんが解釈し、時には解き明かしてしまい現実の世界に戻る綾乃さん。その想像がわからないまま思わずスマイルの千春さん。千春さんの言及する世界をさっと一言であらわす綾乃さん。

今夜の千春さんの声の調子は今一だったけど、皆さん、千春さんはこんなもんじゃないですよ。是非、またKiroroのコンサートへ行きましょうrun

いつものコンサート前ランチを忘れてはいけません。

今回は釧路駅近くのラーメン”銀水”に行きました。本格的な釧路ラーメン

4

ということで、初めての挑戦です。醤油チャーシュー麺を注文。スープを口にすると何か優しい味が舌の上に広がりました。何の味だろう。麺は細麺。美味しかったです。

*写真をクリックするとポップアップします

Kiroroコンサート2017 at 釧路市民文化会 in 北海道

1_3

1.  Kiroroのコンサートへようこそ
2.  長い間
3.  好きな人
4.  紅芋娘
5.  月の夜
6.  大きなうた(1979年発表の唱歌)
7.  アニバーサリー(新曲、千春さんと綾乃さん、片山君で作った曲)

(綾乃コーナー)
8.  ちいさなうた(作詞:金城綾乃 作曲:CHI-MEY)
9.  おばあちゃん

10. Best Friend
11. 幸せの種
12. おやすみのうた
13. 生きてこそ
14. みんなあなたを愛してる
15. 帰る場所
16. 未来へ

(アンコール)
17. あなたに会えなくなって(新曲)

18. 花は咲く

握手会で千春さん、開口一番、”今日は調子悪くてスミマセン”と私にいうので、私はこう言いました。、”「生きてこそ」を歌い終えたときに『ちはる』って声掛けすればよかったかな。観客席からは見てるだけで何もできないんです。ゴメンナサイ”
 
久しぶりの北海道を楽しんでいますという内容のイントロに続き、「長い間」。 今夜のほうが昨夜よりもっと色っぽかったです。切ない気持ちを語りかけるように歌ってくれました。
 
次の「好きなひと」だって声は出ていました。”会えなくなるね 見送るよ”のサビも見事なんです。ただ、語尾のブレスがうまくとれてなかったり、語尾を伸ばさなければならないところが中途半端に歌われたところはありました。久しぶりに歌っているのでそうなのかな。
 
そして「紅芋娘」。”カメー カメー”の四つ目の”カメー”ちゃんと歌えてましたよ、千春さん。ここのところを何回か歌っているうちに自分でも”歌えてると頷いていましたよね。声は出ています。心配しないでください。
 
客席からの歌声参加の「月の夜」。今夜も”チュッチュラ チュラー チュッチュラ チュララー”と皆で歌いました。片山君のギターが間奏で光ってます。千春さんも楽しそうに歌ってました。
 
「大きなうた」の輪唱は綾乃さんのピアノがリズムをリードして学校の音楽の時間のようにでも、楽しく進んでいきました。千春さんの替え歌は昨夜と同じ北海道の海の幸山の幸の歌とビッグママになりたいというものでした(実は、今回の北海道シリーズでは私も替え歌を思いつかなかったので、Kiroroメールしませんでした。次回送ります。)
 
新曲の「Anniversary」ではサビのところから手拍子が始まりました。片山君のカッティングと綾乃さんのピアノのイントロが何かそんな手拍子を呼ぶような効果があるような気がします。最後の単独のサビの”Best Friend”と歌われるところで、千春さんは綾乃さんの方を向いて感謝の気持ちを現すように歌っていました。ここまでは、千春さん乗っていて順調なんです。
 
片山君一旦退場
 
トークコーナーが始まる前に綾乃さんが単独MC。その間、千春さんは”紅芋娘”のときに脱いでいた靴を履いていました。
 
そしてトークコーナー(別稿)
 
千春さん退場し綾乃コーナー
 
シンプルな出だしの「ちいさなうた」ですが、今日のこのイントロも今までと違っている気がします。そして声が今日も出ています。”シャラ ララ ラララー”のところの響きが心地良いのです。その声の響きピア乃の音が対照をなし曲が膨らんで行く感じです。
 
綾乃さんが優しく歌う「おばあちゃん」。”おばあちゃんに”語りかけるように歌われるこの歌と単音中心の演奏が心を打つ感じです。
 
そして、千春さん再登場。
 
「Best Friend」はアカペラで始まりました。岡山のときと同じです。アカペラで歌うことによって千春さんは自身の歌への集中力を高め、より無心に歌へ入っていこうとしたのだと思います。 サビのところも挑戦的に歌っていました。千春さんが歌い終わって直ぐに何人かの観客が思わず終了の拍手をしてしまったくらい千春ワールドの始まりと思えたのです。
 
だって「幸せの種」の”誰もがみんな幸せになれる種を”のところがバッチリ歌えていたし、”悲しみや絶望にまけたり しないように”の最も高いところこそ裏声になったものの十分歌えていたと思いました。
 
前兆は「おやすみのうた」かな。最も高い音が微かに掠れていたような気がします。全体ではこの歌の優しさがが綾乃さんのピアノの単音と相まって思わず寝入ってしまいそうな柔らかさを作り出していました。
 
そして、そして、「生きてこそ」です。岡山のときはこの歌で千春さんは復活しました。”私が生まれたとき私のお母さんお父さんはどんな気持ちだったのだろう”と思ったのがこの歌ができたはじまり。因みに、千春さんによれば、自身の生まれた日は台風だったそうです。
 
4小節の括りで歌を区切ったときの最後の音の伸びがでません。例えば、”生きてこそ。生きてこそ”と歌ったとき、後半の”生きてこそ”の最後の方の音が続かないのです(昨日書いた8小節は間違いです)。 いくら歌の前半を優しく歌っていても転調後は爆発する千春さん。今夜はそれも不発。最後まで、優しく歌っていました。多分そういう風にしか歌えなかったのではと思います。
 
ここで、本当は”ちはる”と声をかけ、”大丈夫だよ”と言えれば良かったと思っている私です。
 
「みんなあなたを愛してる」では思いっきり歌っちゃいました。少しでも盛り上げたかったからです。でも張り切りすぎたせいでしょうか、前の席の中学生の女の子があからさまにこちらを振り向いて、”このオッサン ウルサイ”みたいな表情をされてしまいました。歌い終わった後のコーラスではみんなで手拍子しました。
そして「帰る場所」を迎えます。”オレンジの空”の”空”のところが歌えなくて声がお辞儀してしまうのです。爆発はありません。転調後も突き進む感じではないのです。最後のコーラスのところも綾乃さんひとりで歌っていました。
 
だから、また、「未来へ」もアカペラで歌い始めました。千春さんももの凄く葛藤があったと思います。”何とかしたいこの状態を・・・。” でも、”その優しさをときには嫌がり”の盛り上げるところで声が弱くなってしまいました。”未来へ向かって歩いていこう”のところも力強く歌えてはいませんんでした。
 
千春さん、綾乃さん、片山君退場。
 
アンコールの拍手が沸き起こりました。でも、なかなか出てきません。客席の手拍子は続きます。でも二人は出てきません。
 
そして、漸く出てきました。客席から指笛で歓迎。
 
”今日は本当にありがとうございました”と言ったのは綾乃さんです。
 
”生き別れにでもなったら私はどうしよう ましてや死に別れするようなことがあったら”と千春さんの義理の父がそのパートナーである義理の母のことを思う詩があり、その父が亡くなりました。その父のことを思う母のことを思ってつくたったのがこの”あなたに会えなくなって”。ステージでは片山君のギターだけの演奏で千春さんと綾乃さんのハーモニーが奏でられます。今夜も美しいです。多分、千春さんの歌う主音に半音が多く、そこに綾乃さんの3度高いハーモニーが加わるので美しく聞こえるのではと想像しています。
 
片山君ここで退場。
 
千春さん綾乃さん何かステージ上で打ち合わせ。
"今日は椅子に座って歌います”と言う千春さん。綾乃さんの「花は咲く」の伴奏がスタート。”やっぱり立って歌います”と千春さん。
 
今夜はファルセットが前に出るのでなくこもった感じ、千春さんが慎重に歌おうとするからでしょうか。歌い終わったあと、「愛の向こう」をアカペラで歌いだした千春さん。”主人のために作って逆プロポーズと言われた曲です。今日は本当にありがとうございました。”と言って、綾乃さんとハグ。
 
客席の拍手はなかなか鳴り止みませんでした。

3

そして、ここで冒頭の握手会です。千春さん、”私も一歩一歩前に進んでます”と明るく言ってくれました。私も思わず、“きっと上手く行くよね”などと意味不明なことを言ってしまいました。心の中では、“頑張って千春さん”と思っていたので表情だけはその雰囲気を千春さんに出せていたと信じたいです。
 
”今夜もボーカル良かったですよ”と綾乃さんに言ったら嬉しそうでした。そして、Keith JarrettのKoln Concertが綾乃さんのピアノ演奏の参考になるんでは等と素人がプロに言ってしまうという大胆なことをしてしまいました。偉そうに聞こえたらゴメンナサイ、綾乃さん。
 
いずれにせよ、次回の大分宇佐までに千春さんが一歩進んでくれることを祈念して止みません。

2017年9月23日 (土)

帯広より

夕方5時からの幕別町のコンサートのため、今帯広駅にいます。ランチは近くの豚丼の名店“ぱんちょう”へ行くことにしました。その後、十勝ヒルズにでも行けたら思ったところが大きな勘違い。ここ帯広駅から十勝ヒルズまで二時間以上かかることを発見。そんなこと事前に調べておけよと言われそう。

結局、いろいろ探して“おびひろ動物園に行くことにしました。

ところでここ帯広は寒いです。長袖シャツにブルゾン着ているのですが肩のあたり涼しい感じ。夜の幕別町だともっと冷えるのかなという感じ。ダウンジャケット持ってきたのでこれを着ないとだめかな?

午前中に大阪松原市文化会館に電話して12月2日のチケット取りました。3列目の真ん中取れました。これから帯広郵便局へ行って現金書留で松原市文化会館へチケット代送金してきますnote

2017年9月17日 (日)

千春曲のタイトル☕️

ある曲が作られるときそのタイトルはその曲の歌詞に出てくることが多いと思います。巷で有名な曲、例えば「津軽海峡冬景色」のサビの最期は、”あぁー あぁー 津軽海峡冬景色”で終わります。ピンク・レディーの「UFO」では、出だしから、”UFO"ですよね。

 
Kiroroとして千春さんが発表してきたのが全65曲(ソロでの発売や他の歌手への提供曲は除く)。そのほとんどの曲のタイトルが、やはり歌詞にでてきます。例えば、「長い間」。最初から、”長い間、待たせて・・・”ですし、「未来へ」では、”未来へ向かってゆっくりと・・・”です。作詞をしたときに歌のタイトルを考える。できた歌詞からそのタイトルが決められることごく自然ですよね。
 
ところがです、千春曲のなかで、タイトルが歌詞に出てこない曲が幾つかあるのをご存知ですかsign02
 
まず、「冬のうた」です。でも、”冬のうた”とは出てきませんが、”Winter song”と何度も出てきますので、これは該当しないかな。それと、「Four Leaves Clover」に収録されている「秋風」。”秋の風と一緒に・・・”の歌いだしなので、これも該当しないと思います。
 
が、しかしです。次の4曲はどうでしょう。
 
「天気雨」(ミニアルバム「七色」に収録)
「涙の音」(「Diary」に収録)
「One day」(同)
「あの頃」(「Wonderful days」に収録)
 
どの曲も歌詞にタイトルはでてきません。なぜかsign02
 
その理由は、それぞれの曲がある特定の全体の括りを表しているからだと私は思っています。最もわかりやすいのが、「あの頃」。「あの頃」とは千春さんの声がでなくなって半年休んで、大変つらい思いをした時期のことです。また、人生において最も悲惨な別れを経験したのが「涙の音」だったのではないでしょうか。
 
だんだん、わかりにくくなってきます。
 
「One day」はよくわかりません。私はこの曲を含む「Diary」と3枚目のアルバムCDの「Tree of Life」は千春さんの恋の創成期としての「Tree of Life」であり、愛の完結編(つまり今のご主人との結婚)としての「Diary」であると思っています。このあたりは別の機会に論じてみたいと思っています。じゃあ「One day」とどんな繋がりがあるかってsign02
 
ここからは私の想像です。この「One day」の日に、「涙の音」で別れてしまったご主人との愛が復活したのではないかと思っています。ここら辺り論点が急にジャンプしていると思われるかたが多いとは思いますが、詳しくはまたということで・・・。
 
最後に「天気雨」。これはお手上げです。ミニアルバム「七色」の収録曲ですが、歌詞をじっくり見ても特定の括りは見つけられませんでした。わかる方がおられましたら教えてください。
 
次回は「Tree of Life」と「Diary」をめぐる仮説について書いてみたいと思います。

2017年9月13日 (水)

Kiroro20周年CDについて🌺

来年発売予定のKiroroデビュー20周年記念のCDについて現在わかっていることを書いてみたいと思います。

  • 発売日: 2018年1月21日前後(1998年1月21日がKiroro全国デビューの日だから)
  • レコーディング: 終了しそうなのだと思います。(8月31日のコンサートで、千春さんは一週間前に終了と言い、9月2日のときはまだ終わっていないような発言でした)
  • 収録曲(以下、詳述)

既にコンサートで披露された以下の曲が収録されると思われます。

1. Anniversary(今年の3月以降毎回コンサートで演奏されています)
2. あなたに会えなくなって(同上)
3. ブランコ(昨年12月の沖縄公演で披露された綾乃曲)
4. もう一歩 (五月雨のピアノの伴奏から沈んだ感じで始まり、"大丈夫、もういいんだよ"と歌われる曲)
5. Let's go together 「未来へ」と同時期に作られた歌だが、20周年CDに入ることになった)
6. 鳥かご(ミディアムテンポの少しかなしみを帯びた曲の1番が歌われました)

*上記の数字は単にこの場で書いているだけで曲の順番とは無関係です。

ところで、収録予定曲を纏めていて気づいたのことがあります。綾乃さんのピアノをバックに千春さんが歌う、いわゆるKiroro曲がまだ披露されていません。ないはずはないでしょうと勝手に想像しています。

今月末の北海道の幕別町と釧路でのコンサートでも、きっと新曲のお披露目があると思われます。地元のみなさん、新曲が聞けるこんなチャンスを逃す手はないのではと思います。特に釧路の方はまだ、チケットあるようなので、ローチケとかピア、e+のサイトへgorun

2017年9月 6日 (水)

Kiroroコンサート12月2日(土): 大阪・松原市文化会館の友の会について🍄

会館に電話しました。

以下、友の会に入会した場合の先行販売(一般は9月30日より)のお知らせです。
9月23日(土) 9:00AMより 会館窓口にて
                   10:00AMより電話申込み
友の会年会費: 1000円
         
入会方法
① 名前と住所、年齢、電話番号を記入し会館宛へ、友の会入会希望と題したメール送信(mailto:tomonokai@kawachi.zaq.ne.jp)
② 会費振込先を返信してくるので、銀行振込
③ 入金確認後、会館より返信あれば入会となります。
④ チケット購入後の支払は現金書留
 
松原市文化会館HP: http://mbj-zaidan.or.jp/matsubara/
 
電話申込の場合でも1時間後にはチケット購入できますので、私のような東京からの来場組には便利かなと思います。

2017年9月 5日 (火)

Kiroroの12月コンサート発表されています🌼 in official HP

◆日時:2017年12月2日(土) 15:30開場 16:00開演
◆会場:大阪・松原市文化会館
◆チケット:全席指定:5,500円(税込)※未就学児はおひとりのみ膝上無料。座席が必要な場合は有料。
◆発売:2017年9月30日(土)
    松原市文化会館   072-336-5755
    ふるさとぴあプラザ 072-336-6800
    ゆめニティプラザ  072-334-2111
    チケットぴあ    0570-02-9999
    ローソンチケット  0570-084-005
    e+         http://eplus.jp
◆問合:松原市文化会館:072−336−5755(火曜日休館)

松原市文化会館開館40周年記念事業だそうです。

2017年9月 4日 (月)

岡山市民会館と益田市グラントワの写真をアップロードしました😎

写真をクリックすると別画面でみれます。
もしお使いのブラウザーがポップアップ禁止になっているようでしたら、それを外してください。

2017年9月 3日 (日)

Kiroroコンサート2017 at 島根県芸術文化センター「グラントワ」(トーク編)

トークへ入る前に、昨日の「みんなあなたを愛してる」のところの千春さんの涙についての補足。

千春さんの木曜日の岡山での前半の歌いっぷりは絶不調でした。既に書いたように後半は凄かったのですが、この一連の流れを千春さんは、”どうして上手く歌えないんだろう。どうして声がでないんだろう”と思ったようです。だから、観客のみんなが拍手してくれて歌っている自分と、上手くいかない自分、でも、”みんなあなたを愛してる”を自身に歌ってもらっていると思うと涙が止まらなかったのではと、私は思っています。

さて、トークです。

170902b

Kiroroの2人はこの地、益田市が大好きなようでした。先ずは、千春さんが益田駅を絶賛。"ゴザが敷いて寝てしまいたくあなるようなゆったりとした雰囲気がいいですよ。"と千春さんが言うと、 綾乃さん、"えっ、ゴザ? むしろではなくて?"

千春さんと綾乃さん、片山君の3人で柿本神社へ行ったそうです。階段を座って、空を見上げていたそうです。”何と静かな益田さんなんでしょうか”と綾乃節がでました。

そしてセミの話。

ネットで調べたところ沖縄南部はセミそのものがいないようです。北部だと沖縄独特のセミもいるようですが、本土で当たり前と思う種類のセミがKiroro二人にはかなり珍しいようです。

千春さんは"ツクツクボウシ"がリスのことだと思っていたとのこと。本当に"ツクツクボウシ"と鳴くセミの声に二人は感動。”沖縄では、ミーンミーンと鳴くセミしかいないんですよ" と千春さん。

千春さん続けます。”今日はお祭りがあり、流鏑馬ですか? 忍者みたい!” この最後の表現に観客席から戸惑いの空気がありました。千春さんが、”私っていつも大きな括りでものを言い過ぎるところがあるんですよ・・・。” 

う〜ん、そういう問題ではない気がします。

記念館がある雪舟の話

千春さんの6年生の息子がつい最近、雪舟の事を習ったそうです。 千春さん、泣きながら足を使って鼠の絵を涙で描く雪舟の話をしはじめました。お仕置きされて泣いて描いた鼠だそうです。”相当泣いたネ。だって絵が書けるんでしょ”と綾乃さん。

空気がふわふわしている益田さんに感動の綾乃さんでした。”沖縄は湿度が高く空気が重いんですよ”と千春さん。

益田市が涼しくて静かだったから、きっとKiroroの二人のGood performanceが生まれたんだと思います。

今日も柔らかく、どこかズレが出てきて、そして温かいトークでした。

170902_2

この日も開演前に私も益田市でランチしました。”栗栗珈琲”で珈琲付きのセットランチです。メインは『ナポリタンの生卵のせ』。ナポリタンの少し濃いめの味が生卵でマイルドになって結構おいしかった。珈琲を入れてくれた方が”本日の珈琲はエチオピアです”と教えてくれたので、すかさず、”だから、飲んだ後に少し酸味の残る味なんですね。美味しいです。”と答えると。”ありがとうございます。”と返ってきました。

食べ終わって、グラントワに向かう道の太陽は少し暑かったけど、程よい風が気持ちよかったです。

(写真はクリック後別ウインドウでポップアップします。)

2017年9月 2日 (土)

Kiroroコンサート2017 at 島根県芸術文化センター「グラントワ」

170902a

1.  Kiroroのコンサートへようこそ
2.  長い間
3.  ひまわり
4.  紅芋娘
5.  月の夜
6.  大きなうた(1979年発表の唱歌)
7.  アニバーサリー(新曲、千春さんと綾乃さん、片山君で作った曲)

(綾乃コーナー)
8.  ちいさなうた(作詞:金城綾乃 作曲:CHI-MEY)
9.  おばあちゃん

10. Best Friend
11. 幸せの種
12. おやすみのうた
13. 生きてこそ
14. みんなあなたを愛してる
15  帰る場所
16. 未来へ

(アンコール)
17. あなたに会えなくなって(新曲)
18. 鳥かご(新曲)

19. 花は咲く

今日の千春さん、すごく清々しく見えました。それもそのはず、ここ益田市の空気が本当に気に入ったようなのです。綾乃さんも同じで、イントロ曲の後、「長い間」を歌い終わったあと、”益田さんっていいですね”と早速綾乃節です。

千春さんの今日の状態はどうでしょうか?じっくり耳を研ぎ澄ませて「長い間」を聴いてました。

心配無用です。

いつもより、ほんの少しゆっくりのテンポでスムーズに歌い上げ、最も高い音がキレイに透き通っていました。

「ひまわり」の前にはいつものようにハイヒールboutiqueを脱いで歌い始めました。高い音が続くこの曲もかなり弾けてました。

そして、えっ、千春さんの今日のネックレス、木曜日の岡山の握手会のときにプレゼントした桜貝のネックレスじゃんheart04 早速、着けてくれているんだsign03

スミマセン。本筋から外れました。思わず興奮してしまいました。

元へenter

盛り上がりコーナーの「紅芋娘」も好調です。”カメー カメー カメー カメー”と順調に歌われていきました。歌い終わると、いつものようにこの曲の読谷関連のところを解説しただけでなく、”隠れ恋の歌”ですと言ってました。そうです、この曲での紅芋娘は千春さん自身だからです。

「月の夜」への客席のコーラス参加(”チュッチュラ チュラ チュッチュラ チュララー”)も、突然の千春さんからの呼びかけにもかかわらず、結構順調です。

そして、「大きなうた」。”輪唱で歌ってください。そして、4番の替え歌は振り付けもするのでついてきてください。”と言って歌いだし、”大好きな 島根県 空気も食べ物も 人柄も 最高だ”と歌っていました。

新曲の「アニバーサリー」はもう、何度もステージで歌っているので、この覚えやすいメロディーがすっと入ってくる感じ。サビの部分が加えられえたことで明るくポジティブな感じがさらに増したと思います。

20周年CDは来年の1月の後半に発売だそうです(たぶん1月21日かなあ、98年1月21日にKiroroデビューしました)。

片山君一旦退場し、トークコーナー(別稿)

綾乃コーナーの始まり。

今日はステージに向かって左よりの席だったので、綾乃さんの表情がよく見えました。「ちいさなうた」の出だしのピアノはボーカルより3度上のコードを弾いて歌っていたと思います。声もバッチリでてました。

「おばあちゃん」を書くことになったエピソードを話した綾乃さん。元気だったおばあちゃんが体を悪くしたと東京で聞き、沖縄に帰ったときには病院にいたそうです。 歌いだしの直前、一瞬だけですが、ウルットしたように見えました。そのことを握手会のときに綾乃さんに言ったら頷いていました。エンディングのアドリブ演奏も印象にのこりました。

千春さん再登場。千春さんが”綾の歌はどうでしたか”と客席に聞くと、”よかったよ”の声がかかりました。綾乃さんも”ありがとうhappy01”と返していました。

170902

「Best Friend」のはじまりです。気持ちが晴れやかな千春さんは、自分が喉を傷めて大変な時に支えてくれた綾乃さんに改めて感謝の気持ちを言って歌いました。歌い終わった後もこの曲に何度も支えられましたと、自身の歌にもかかわらず、言及していました。

今日の「幸せの種」の出来は、ここ数年のうち最もよかったのではと思いました。皆の持っている”幸せの種”がそれぞれ花を咲かせてくださいと祈る「幸せの種」として千春さんが歌うようになってからという意味です。もちろん、歌う直前に目を瞑ってましたよ、千春さんは。高音の響きが心にやってきて、私も思わず祈りました。

そんな優しい気持ちにしてもらって聞く「おやすみのうた」は、いいんだよなぁ。私のように大人の大ベテランになってもこの安らぎはいいんですょ。

「生きてこそ」で目が覚めます。千春さんが”生きてこそ 生きてこそ”と歌えば歌うほど、私の心は高く舞い上がります。転調したあとは、もっと高いところいってしまう気持ちです。一体、木曜日の前半は何だったのでしょうか。最後の”イェー”以降のサビのところが圧巻だったのは言うまでもありません。

片山君再登場

「みんなあなたを愛してる」を歌いだした千春さん。客席に向かって一緒に歌ってくださいと声掛けしつつ、千春さんがリハーサルのときから涙ぼろぼろになっていたことを披露していました。この益田の地がくれた気持ちよさの中で、この歌の想いに入り込んだ千春さんは涙が止まりませんでした。

「みんなあなたを愛してる みんなあなたを愛してる」と観客みんなで一緒に歌いました。何度も、何度も、綾乃さんと片山君は演奏を止め、千春さんはマイクを客席に向け、観客だけで歌います。"みんなあなたが好きだから"で歌い終わって"ラーララララー"とエンディングのコーラスに入ると直ぐに観客の手拍子が始まりました。そして全て終わると客席に一斉の拍手、拍手でした。

「帰る場所」は最初から千春さんさんの音域に合うように作った歌なのではと、いつも思います。だって何度もこの曲が千春曲と思った事があるからです。"静かな波音"とか"オレンジ色の空"という表現が千春風に感じてしまうのです。片山君の間奏がいいですね。

「未来へ」も千春さん集中してました。風邪をひいたお母さんの痰に血が混じっていたのを見て、お母さんが死んでしまうのではと思い出来た曲です(もちろん、千春さんのお母さんは元気です)。"その優しさを時には嫌がり" 離れた母に素直になれず" "でもこれがあなたの歩む道 あなたの未来"と聴いていると言葉無くなります。何度も聞いているのにです。

千春さん終わりの挨拶をしようとして突然、アカペラで「未来へ」を歌い始めました。客席からは手拍子。1番とサビの最後を歌ってフィニッシュ。こんな最後、見たことありません。

アンコールです。

1曲目は今日も「あなたに会えなくなって」。去年亡くなった千春さんの義理のお父さんのことを慕う義理のお母さんの歌。生き別れになってしまうなんて考えられないのに、あなたが死んでしまうなんて想像もできないという歌です。千春さん、綾乃さんのハーモニーがとても美しいです。

そして、初めて歌われる「鳥かご」。ミディアムテンポの少しかなしみを帯びた曲の1番が歌われました。

締めくくりは「花は咲く」です。2年前の歌い始めのころ、この曲の最も高い音をファルセットで歌い生声に降りてくるところの危うさが好きだったのですが、今やその微妙なとこでさえ美しく千春さん歌ってくれます。本当に美しいです。

最後の"私は何を残したのだろう"のところで、私の両隣の女性は泣いていました。

ステージで終わりのお辞儀をしているKiroroの2人に、"良かったよ"観客から大きな声がかかってました。すると、今度は2人でハグしてました。Good performanceの時のポーズが出ました。

良かったですnote

握手会の時に、開口一番、今日は良かったですと言うと(実はウソです。ネックレスのことに触れて、ありがとうと言いました)、千春さん、"イヤイヤ、こんなもんじゃないですよ。もっと凄いんですよ、本当は"と、言ってました。なので、私もつい、不調の時はどうパワーを送ったらいいですかと聞いてしまいました。すると、"客席から、千春と呼んでください"と言われました。次回の北海道幕別町では、私の声が客席のあなたの耳に聞こえるかも知れませんねぇsign03

(写真はクリック後別ウインドウでポップアップします。)

Kiroroコンサート2017 at 岡山市民会館(トーク編)

20周年CDのレコーディングがつい1週間前に終わったそうです。千春家、綾乃家、それぞれの夏休みの忙しさと、レコーディングがさらにその大変さを加速させるなんて、ここ何年も2人とも考えたことがなかったようです。2005年の「Wonderful days」が最後のCDでしたから、12年ぶりの経験ということになったということです。

岡山へは水曜日に来たそうです。千春さん、綾乃さん、2人で一緒に"岡山は涼しいですねxmas"と言い、皆さんはどうですかと千春さんが客席に聞くと、"暑い、暑い"の声がたくさん聞こえました。まあ、沖縄の暑さからすると"涼しい"と言うことだと思います。因みに木曜日の朝の東京は雨☔️が降り気温も20度そこそこ。こちら岡山は暑いなと思いました。でも、綾乃さんが言ってた"もうすぐ秋がそこに来ている様な・・・"という発言が今、この岡山で出るということは、夏から秋へ変わってゆく沖縄の人の季節の感じ方なんだと思って興味深かったです。

千春さんと綾乃さんは、どうやら別々に岡山駅の路面電車に乗った様です。

綾乃さんは、路面電車がどこにあるのかわからなかったを連呼していました。"動いているからわかんないんだよねdog"の綾乃節は相変わらずです。普通、道路に線路があるのを見ればそんな驚き無いでしょと思ってはいけないのです。この驚くほど純な感じ方のプロセスが綾乃ワールドだと思います。
   
そして、さらに、"路面電車って信号無視できるんでしたっけ?" "道路と同じ方向に線路も曲がってましたっけ?" 色々よく観察してます。でも自身の観察と発見が違ってませんようにと言う声が聞こえて来そうなくらい、次の駅に止まることなく通り過ぎてゆく路面電車の運行を自由でいいですねとも言ってました。

170831c

対して千春さん。

私は"桃太郎線に乗ったんですよ"と言って少し動揺。観客席から反応がなかったからです。"アレっ、間違ってます?" 大丈夫ですよ、千春さん、私の周りの観客席から"そうなんだ"と聞こえてましたよ。千春さんって完璧主義なんですよね。

      千春さん、さらに続きます。
ボタン押さないとドアが開かない。無人駅で切符を置いてくることなく持って帰って来ちゃった。電車を待っていると聞こえて来ました。"バスないじゃろ" 千春さんは、アー本場に来たんだと思ったそうです。
   
綾乃さんも黙ってません。"じゃろ"を受けて、"アぁ、有名な広告ね" 千春さん戸惑って、"えっ、JAL?" 綾乃さんの発想がいろんな所へ飛んでいき、千春さんがそれを捕まえようとして、捕まえられる時があり、はたまた、よくわからない時もあるのがとても嬉しいです。

140831b

午後一に私は岡山に着いたので、宿泊先のホテルのフロントで美味しいお昼のお店を聞いてイオンモールへ行きました。天ぷらたかおでランチしました。揚げたてだから美味しかった。明太子食べ放題。

 
これから安来へ行って足立美術館を堪能してきますgood

       (写真はクリック後別ウインドウでポップアップします。)

2017年9月 1日 (金)

Kiroroコンサート2017 at 岡山市民会館

170831

1.  Kiroroのコンサートへようこそ2.  長い間
3.  ひまわり
4.  紅芋娘
5.  月の夜
6.  大きなうた(1979年発表の唱歌)
7.  アニバーサリー(新曲、千春さんと綾乃さん、片山君で作った曲)

(綾乃コーナー)
8.  ちいさなうた(作詞:金城綾乃 作曲:CHI-MEY)
9.  おばあちゃん

10. Best Friend
11. 幸せの種
12. おやすみのうた
13. 生きてこそ
14. みんなあなたを愛してる
15. 帰る場所
16. 未来へ

(アンコール)
17. あなたに会えなくなって(新曲)
18. もう一歩・・・(新曲)
19. Let's get together(新曲、「未来へ」と同時期に作られた歌だが、20周年CDに入ることになった)

20. 花は咲く

”2年前にもこの岡山で歌いました”と歌われたイントロ曲に続き「長い間」です。高いところの声でてません。歌い方も、優しく歌っているといえば聞こえはいいですが、声が出ていないのを取り繕っているのではと思いました。

”綾と私は3人の子供を、それぞれ育てています。”と客席に向かって千春さんが言うと、それほど大きな反応がありません。今夜の観客はKiroroのことよく知っている人が多いのかな。千春さんのいつもの拍手調査で、”2年前にコンサートに来てくれた人”と聞くと半分より少し多いくらいの方が反応してました。

"この曲を歌うにはパワーがいるので"と言いboutique、高いヒールの靴を脱いで「ひまわり」を歌い始めた千春さん。2番の後のコーラス部分をスキップしました。ますます不安が募ります。

そして、”盛り上がりコーナー”の最初は「紅芋娘」。観客の手拍子とともに歌いだし、千春さん楽しそう。この曲は”カメー カメー(食べなさい 食べなさい)”と歌うのですが、この掛け声の最も高いところを、やっぱりスキップ。”今日は緊張しているみたいです”と自身に語りリラックスしようとするシーンもありません。
「月の夜」は”チュッチュラ チュララ”と私もリラックスしてコーラスに参加しました。この曲の味付けは片山君のリードギターですね。
 
「大きなうた」の替え歌は二つ歌われました。ひとつは”大きな桃”のうたで、あともう一つが”桃太郎と吉備団子のうた。少し、千春さん乗ってきたかなdog
 
20周年CD用に収録された新曲の「アニバーサリー」では、伸び伸びと歌ってました。実はこのCDの録音はつい最近終わったようで、ほっとしている千春さんでした。
 
片山君いったん退場。
 
トークコーナー(別稿にて)
 
綾乃コーナーのはじまりです。
 
「ちいさなうた」はサビのところを大胆な伴奏で歌ってました。今日の綾乃さんの声、良いです。少し激しめのピアノの音とよく通る綾乃さんの声がマッチしてます。「おばあちゃん」の出だしの伴奏は、”ビフォーアフター”で流れる曲と少しにているかな。流れるコード奏法でスムーズに歌っています。歌い終わったあとの最後の伴奏はアドリブ。静かに歌い上げたあとで強めのアドリブの演奏ってとても印象に残るんです。
 
そして、千春さん再登場。

170831aなかなかうまくいかない事が多くと語り出した千春さん、なんとアカペラで「Best Friend」をスタート。前半上手く歌えなかった巻き返しに入ります。因みに、このアカペラは事前に綾乃さんとの打ち合わせなし。こうして突然アカペラになっても綾乃ピアノは全然平気です。

千春さん、静かな気持ちで歌い始めました。歌い終わりの直後に、未だエンディング伴奏のあるこの曲。聴き慣れているはずのこの夜の観客でも思わず拍手。千春さん、観客を惹きつけ始めました。
 
「幸せの種」を演る前には必ず目を瞑ります。そして、静かに歌い出しました。この歌ができた2008年、千春さん自身の出産の大変さと生まれてきた子への"幸せの祈り"の歌でした。今は、沢山の人々が皆んな持っている"幸せの種"が育っていくことへの祈りに変わってきていると私は思っています。サビのところで千春さん、少し潤んでいた様に見えました。最も高い声の響きが耳に残ります。
 
「おやすみのうた」でのピアノの単音と千春さんの声のミックスでリラックスの風を受けている感じです。優しい歌いかけが実は、迫ってくるのです。そこに引きこまれそうになった時、ハッと気づいて目が覚めます。
 
そして圧巻は「生きてこそ」です。優しく歌うところ、圧倒的な声量で歌うところ、メリハリが凄いです。"私自身が生まれてきた時、父と母はどんな気持ちだったんだろう" "その時の空はどんな風だったんだろう" この"生きてこそ"は私たちを高い高い空へ連れてってくれます。曲の終わりとともに地上に降りてきて私が"生きている"を実感させてくれます。    
千春さん、完全に復活です。
 
片山君、再登場。
 
"生きてこそ ひろがってまたつながる"と千春さんが歌って片山君を迎えます。千春さん、いよいよ乗ってきました。
 
"みんなあなたを愛してる みんなあなたを愛してる"と観客全員で歌いました。今夜の観客のレベル高いです。ちょっと早口の千春さんのMCに関係なく千春さんの呼びかけ上手く反応してます。皆んなで歌い終わった時、拍手が湧いて手拍子に変わりフィニッシュnote
 
「帰る場所」では片山君のガットギターが弾みます。この歌が語る沖縄の空にギターの音色で絵を描いている様です。その間奏ののちに、千春さんのサビがやってきて、凄いです。
 
「帰る場所」の感動が「未来へ」に引き継がれます。私だけではないですよ。1番が終わった時、観客の拍手。皆さんも同じ気持ちなんですね。千春さんの歌声が響きわたった証しですね。この曲でも片山君の存在が大きいと思います。間奏のギターが、今夜のコンサートのいろいろな思いを想起させるからでしょうか。だって前半の千春さんは、本当にどうなるかと・・・。
 
アンコールです。
 
実は沢山の拍手が高まり続けてもなかなかKiroroが出できません。
 
新曲の「あなたに会えなくなって」が歌われました。千春さんの義理の父が亡くなった後の、義理の母の想いを歌った曲。愛おしい思いと祈りが千春さんと綾乃さんのハーモニーを後押しします。美しい曲です。
 
予定外に「あと一歩・・」という新曲。五月雨のピアノの伴奏から沈んだ感じで始まり、"大丈夫、もういいんだよ"と歌われる曲。
 
そして、「Let's go together」も歌われました。新曲です。「未来へ」と同時に作られた曲だそうです。長くお蔵入りしてた曲の復活です。サビのところを歌ってくれました。とても明るい曲です。
 
"この歌は2年前の岡山から始まりました"と千春さんが言及。「花は咲く」が始まりました。今夜のフィナーレです。今日の綾乃さんの伴奏いつもと違います。千春さんのボーカルと同様に力強い弾き方。千春さんの歌いも何とスムーズなのでしょう。歌い終わりのエンディングの伴奏もいつもより長め。千春さんが歌い終わると、大きな大きな拍手が湧き起こりました。
 
『今夜は、本当にハラハラしましたが、復活してありがとう。嬉しかったです。』と握手会の時に千春さんに言いました。ガッチリ千春さんと握手して岡山の街を歩きホテルへ向かいました。
 
今夜は満席ではなかったけど、何かとても暖かいコンサートでした。CDを販売している方に、"売れましたか?"と聞いたら、"145枚です"とのこと。これが多いのか少ないのか実はわからないけど、なんか嬉しい気持ちです。
 
土曜日は島根益田市です。
(写真はクリック後別ウインドウでポップアップします。)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

Kiroro20周年CD

日本ブログ村ミュージシャン応援

アクセスカウンター@

閲覧中です