Facebook

Ninja

  • Ninja

Analyzer

無料ブログはココログ

アクセスランキング

ランキングデータ

« Bandicam無料版について | トップページ | Kiroro デビュー20周年アルバム「アイハベル」リリース記念 フリーライブ&握手会 in 那覇🍼 »

2018年1月 7日 (日)

Gyao: Kiroro デビュー20周年記念スペシャルライブ 「20年間ありがとう!~みんなが聞きたいキロロの歌あつめました~」🎁

1. 冬のうた
2. 生きてこそ
3. 好きな人
4. もう少し
5. 帰る場所
6. 未来へ
7. 幸せの種
8. 花は咲く
9. Anniversary
10. 最後のキッス
11. Best Friend
12. 長い間
13. 未来へ(観客全員と合唱)

成人式を迎える方々が招かれてデビュー20周年のKiroroが歌うスペシャルライブ aired in internet by Gyaoです。

1曲目は「冬のうた」。この曲が実は「長い間」のカップリング曲として発売されるはずだったこと、この曲の歌詞で歌われる”Winter song"のところを、元々は"Merry Christmas"と歌われていたこと、今日の千春さんのMCで知りました。

「生きてこそ」、今日は上手く歌えるかな。高音出てます。ただ、one phraseの最後音が御辞儀してしまうのです。

3曲目の「好きな人」。”逢えなくなーるねー 見送るよ"のサビのところはキレイに響いていました。何か「好きな人」を聞く人それぞれが、それぞれの”好きな人”を思い出しそうな気がしました。

そして、そしてです。何と「もう少し」が次の曲。ビックリです。久しぶりに聞きます。2004年の”Takaramonosagashi Tour"で聞いて以来ではないでしょうか。恋愛の歌ですが、今のKiroroとして歌いますと千春さんが言ってました。”思い出ばかりが増えて”のところが、ギリギリの高さだったかな。

「帰る場所」を歌う前にアーヤのMC。久しぶりに千春さんが歌った「もう少し」の話しと、この「帰る場所」を上手く繋いで話していました。

この「帰る場所」から、最後音のお辞儀が出なくなり、歌唱が安定してきました。沖縄の空がオレンジになって来ました。でも、転調後も歌えてます。最後のコーラス音も順調でした。頑張れ、千春さんscissors

お母さんが血を混じった痰を吐いてしまい、それをお母さんの最後だと思いできた曲である「未来へ」も順調に歌えてましたが、最後の”未来へ向かって歩いて行こう”のファイナルのパンチが不足気味だったかな。

ここで、トークコーナー。

Kiroroの2人の成人式が語られました。20年前の1月15日はラジオ出演していたそうです。その日の東京は大雪でデビュー前の忙しい時期、沖縄との温度差もあり、千春さんはトイレでフラフラとして倒れそうになってしまったそうです。

でも、次の「幸せの種」。マイクスタンドを外してマイクを持って千春さん歌い始めました。”誰もが幸せになる種を持って雨の中で旅を続けている”と歌う千春さんの声が心に届いています。高音が響いています。

そして、「花は咲く」を歌ってくれました。新CDの「アイハベル」にも収録されています。ただ、千春さんこの曲を語る前のMC長いです。なかなか曲名言ってくれません。でも、最高音も出ていて、85%くらいのできかな。声が調子よくでているときは、千春さんはこの曲に挑む気持ちで歌ってくれますが、今日はうまく声をだそうとして歌っている感じです。アーヤが終了後にため息まじりにMCしてくれたのですが、録画がここで途切れてしまい、その内容分からず。今日のアーヤのMC冴えてます。

新曲の「Anniversary」。10回以上コンサートで聞いているのに今日初めて、「魚が空を仰ぐとき」と「Blue sky」がこの曲の歌詞として歌われているのに気づきました。この曲にはKiroroの過去曲のタイトルがたくさん入っています。アップテンポの明るい曲です。もうすぐシングルとして発売されますよ。

そう言えば、「最後のKiss」も久しぶりに聞きます。調べて見たら、2014年12月の田辺市でのコンサート以来でした。その時も2人演奏バージョンでしたが、ゆっくり演奏されるパターンも結構いけるかも。Kiroroの2人がバスクリーンのCMに出演したときのCM曲です。

「Beat Friend」の解説で千春さんが、興味深いことを言ってくれました。

”もう大丈夫心配ないと 泣きそうな私の側で
いつも変わらない笑顔で ささやいてくれた”

この全体を囁いてくれたのは綾乃さんではなく、”もう大丈夫心配ないと”の主語は、声がでてないときに、無理してそう思っている千春さんだそうです。綾乃さんが囁いてくれたのは、その歌詞のあとの”まだ まだ まだやれるよ”以下だそうです。私も気がつきませんでした。でも、この曲こそ、今の千春さんの声がお辞儀してしまうかどうかの試金石曲です。フレーズの最後音を伸ばすときにお辞儀してしまうからです。今日もそれがでていたかなweep でも、成人式を迎える方々にまさに素晴らしいプレゼント曲になっていたと思います。

最後曲は、「長い間」。一生懸命上手く歌おうとしている千春さんの今日のperformanceと、歌に入り込んでいろいろな姿を見せてくれて歌っている好調時の千春さんでは、やはり異なります。でも、一生懸命に格闘し、挑戦している千春さんもキレイだと思います。

最後に観覧している方々と歌う「未来へ」。1番こそ千春さんが歌いましたが、2番以降は観客席からのみの歌声。しっかり届いています。主に女性に声が主体かなhappy01 映像を見てると、でも、みんな歌ってましたね。

千春さんの指笛で終了でした。

さて、来週の日曜日は対馬ですね。楽しみですnote

« Bandicam無料版について | トップページ | Kiroro デビュー20周年アルバム「アイハベル」リリース記念 フリーライブ&握手会 in 那覇🍼 »

キロロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92791/66251939

この記事へのトラックバック一覧です: Gyao: Kiroro デビュー20周年記念スペシャルライブ 「20年間ありがとう!~みんなが聞きたいキロロの歌あつめました~」🎁:

« Bandicam無料版について | トップページ | Kiroro デビュー20周年アルバム「アイハベル」リリース記念 フリーライブ&握手会 in 那覇🍼 »

日本ブログ村ミュージシャン応援

アクセスカウンター@

閲覧中です