Facebook

Ninja

  • Ninja

Analyzer

無料ブログはココログ

アクセスランキング

ランキングデータ

« SUPER J-HITS RADIO "Kiroro Songs Of Life" 良かった🎉 | トップページ | Kiroro テレビ出演情報(official HPより)🍒 »

2018年3月17日 (土)

月刊ピアノ 2018年3月号 Pick Up Artist

まず、最後の日のブログから大分たってしまいスミマセンweep

3月11日に引越をし、15日にマンションの引き渡しをしたため、3月初めから今日までとても忙しくパソコンをあけることすら出来ない状態でした。新居の部屋部屋には、まだ段ボールが積まれている状態ですが、なんとか忙しさのピークは超えたかなという感じです。
 
なないろさんのコメントを読んで、直ぐに楽天ブックスで月刊ピアノ注文しSkitch 届きました。P120に見開きでKiroroのインタビュー記事が載っています。
 
3年前からスタッフにはNew Albumをつくりませんか?と言われていたことと、2016年の後半にアーヤがつくった「ブランコ」がとても良い曲だったためゆっくりの千春さんの背中を押したこと、そして、「アイハベル」の「鳥かご」と「ずっとこれからも」について書かれていました。
 
「鳥かご」が千春さんのリアルな実生活の感情を歌ったものであることはすぐにわかるのですが、「ずっとこれからも」は、何と千春さんが音楽に対してつづった曲だそうです。でも、そう
作者である千春さんから言われても、何かまだ、しっくりこない。「鳥かご」で実生活での不満のようなものを歌っても、「ずっとこれからも」でご主人への思いは変わらないという解釈の方が自然かなとさえ思ってしまいます。
 
特に、以下の部分の解釈が私には分かりません。曲の最後のところです。
 
想っているからこそ
愛しているからこそ
譲れないものがあるから。。
 

千春さんが音楽に対して対立するものって一体何なのsign02

(月刊ピアノの表紙をクリックすると別画面で拡大します。)

« SUPER J-HITS RADIO "Kiroro Songs Of Life" 良かった🎉 | トップページ | Kiroro テレビ出演情報(official HPより)🍒 »

キロロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92791/66507839

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ピアノ 2018年3月号 Pick Up Artist:

« SUPER J-HITS RADIO "Kiroro Songs Of Life" 良かった🎉 | トップページ | Kiroro テレビ出演情報(official HPより)🍒 »

Kiroro20周年CD

日本ブログ村ミュージシャン応援

アクセスカウンター@

閲覧中です