Facebook

Ninja

  • Ninja

Analyzer

無料ブログはココログ

アクセスランキング

ランキングデータ

« 福岡県大川市のコンサートについて🌸 | トップページ | Kiroro20周年記念 未来へ向かって ~アイハベルが舞う~ in BS日テレ »

2018年7月14日 (土)

綾乃ワールド

千春さんとのトークコーナーでアーヤがいつも千春さんの話しの要旨を解釈する。”それは、こういうことねsign02”  何かを観察したり解釈したりするのがアーヤの得意技。でも、しばしば面白い解釈なので私達観客は笑ってしまう。

極端な話しがあります。あるコンサートで、河童の話しになりました。アーヤによると河童を食べさせる店が渋谷あると強く主張するのです。ネットで調べましたが結局よくわかりませんでした。

Photo

99年9月発売のアーヤのソロアルバム「昼休み」の収録曲の「本当は何になりたいんだろう」(作詞  アーヤ but 作曲 玉城千春、この曲がby 千春だって知りませんでしたhappy01)にでてくる”ぐじゃぐじゃ”という擬態語とか、カフカの「変身」のようにアーヤがあおリンゴになったりカエルだったり、青虫になったりするのが正に綾乃ワールドです。何かの音を認識すること。今その時々の自分を理解することがまさにそうなのです。

「アイハベル」の「ブランコ」で、

嬉しさと寂しさが
ブランコみたいにゆらゆらゆらら

と歌っていますが、ブランコをこぐイメージがあるとして”嬉しさと寂しさ”が出てきたら縦の動きを想像してしまう私に対して、横に”ゆらゆらゆらら”になるのがアーヤの世界なんだろうと思います。独自の世界であり、独特な世界であるとも言えると思います。

でもこの世界は”解釈”の世界であってあくまでも静的なものです。だから、「アイハベル」の「ヒカリ」での月のイメージがぴったりなんだと思います。何かを思い行動に結びつけていく、あるいは強い意志を示して行く千春ワールドとは異なるわけです。

それにしても、静的なイメージのアーヤからお母さんとして、

影はヒカリの下にできる
影からでておいで

と言われると、何か涙が出そうなくらい感動ですよねpresent

Photo_4

« 福岡県大川市のコンサートについて🌸 | トップページ | Kiroro20周年記念 未来へ向かって ~アイハベルが舞う~ in BS日テレ »

キロロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92791/66908401

この記事へのトラックバック一覧です: 綾乃ワールド:

« 福岡県大川市のコンサートについて🌸 | トップページ | Kiroro20周年記念 未来へ向かって ~アイハベルが舞う~ in BS日テレ »

日本ブログ村ミュージシャン応援

アクセスカウンター@

閲覧中です