Facebook

Ninja

  • Ninja

Analyzer

無料ブログはココログ

アクセスランキング

ランキングデータ

2017年8月20日 (日)

ハイレゾでKiroroを聴こう😍

つい最近、最新のDSD11.2MHzでKiroroを聴きました。そして、iTunesで聴いた場合と比べてみました。

 
使ったアルバムは「好きな人〜キロロの空」。KIroroのアルバムCDの中でもっとも曲のアレンジに工夫を凝らしたものだからです。sign01
 
本論に入る前にまずは、使用したデバイスから。
 
DAC(PCのデジタルデータをアナログ変換): Fostex HP-A4BL
OS: Windows10 64bit
Audio player: TunesBrowser
Head phone: ゼンハイザー IE800
USBケーブル: Wire World Starlight7
 
まず、DAC。 現在でもDSDの11.2MHzをカバーできるものは多くなく、価格コムで調べて高くなくて、評判の良いものを購入(amazon 38,000円 中古)。

Fostex_2

(画像はクリック後拡大します)
 
Windows用のPC Audio playerであるTunesBrowser(URL: http://tiki-s.cocolog-nifty.com/blog/tunebrowser.html)にはびっくりsign01 無料でダウンロードできて、設定も簡単。ダウンロード後に音楽ファイルをアップロードするpathを設定。その後、デバイスであるFostexを設定するだけ。無料のWindows PC Audioとして有名なfoobar2000とか、JRiver Media Centerよりも、設定が簡単であることと無料で使えるて使い勝手も良いところが断然すぐれものだと思います。
 
ear phoneとUSBケーブルは今までと同じものです。
 

1

まず、「冬のうた」から聞きはじめます。DSD11.2MHzから。音の厚みとHead Phone内の音の広がりがすごいです。すぐにiTunesで再度聴いて見るとアレアレ。上記写真の最右のボリュームつまみをDSD11.2Mの位置でiTunesを聞こうとしてもボリュームが小さくて聞こえません。ボリュームつまみから左へ2番目の”Gain"を押して、音量つまみをさらに右に回してようやく真面な音量になりました。
 
その理由は簡単です。ファイルサイズが全く異なるからです。以下、「冬のうた」の例です。
 
MP3(iTunes): 10.9MB
Flac192MHz/24bit: 188MB
DSD5.6MHz: 478MB
DSD11.2MHz: 956MB
 
一つのファイルに入っているデータ量が明らかに違うということです。しかしながら、この点は同時に大きな問題点も孕んでいます。この「好きな人〜キロロの空」の全体のDSD11.2MHzでのファイルサイズは10.02GBです。例えば、iPhoneに保存すると128GBタイプだとしてもこのCDだけで10%弱となってしまうので、モーバイルには向かないのかもしれません(iAudiogateで11.2MHzを対応できるので必ずしもそう断定できないとは思うが・・・)。
 
もう一曲具体的に比較して見ましょう。「ちょきん」です。サビのコーラス”ター タッタタ タッタター”のところ。iTunesでも聞こえますが、11.2MHzのほうは右隣に千春さんが本当にいるように聞こえます。
 
「キセキ」で11.2MHzではバンジョーが聞こえます。iTunesではバンジョーなのかウクレレなのか私は区別できません。後半になるにつれてシンセサイザーの作りだすストリングスが全体を盛り上げるわけですが、iTunesと比べると11.2MHzのほうは半端ではないです。まさにものすごく盛り上がるのです。
 
「好きな人」の間奏で、11.2MHzでは右側からハープシコードの音色が綺麗です。iTunesでは単に聞こえるという感じでしょうか。サビの直前で入るドラムの響が全く違います。11.2MHzではドラムの響く感じがリアルなのです。
 
ファイルサイズが異なると今まで書いてきたようなことが驚くほど鮮明な音できけるのです。
 
最後に、11.2MHzがiAudiogateで聞けることに触れます。Korgが出しているiOS AppliのiAudiogate(App Storeで1800円)をダウンロードして、iPhoneをPC上のiTunesにつなげ、画面に現れたIPhoneマークをクリック後、Applicationを選ぶと、右画面にダウンロードされたappliが現れます。そのなかからiAudiogateを選んでください。その後、Explorerを開き、ミュージック¥iTunes¥iTunes Media¥Music¥Kiroro¥好きな人〜キロロの空へたどり着きますので、このフォルダーごとiTunesへDrug&Dropすれば、iAudiogateへアップロードできます。この場合、9.34GBとなります。
 
私は現在、KiroroのフルCD6枚と「七色」、「帰る場所」の二枚のミニアルバム合計で約65GBをiPhoneへアップロードしています。iCloudへ転送もできると思いますので、その方法はここで省きます。
 
最後の最後です。
 
iTunesへアップロードしたMP3ファイルをDSD11.MHzへ無料で変換する方法です。
 
まず、MP3ファイルをwavかflacファイルへ変換してください。無料ソフトがたくさんありますので、すみませんが検索してみつけてください。その後、DSD11.2MHzへ変換できる無料ソフトが2つあります。
 
Teac HI-Reso Editor
https://teac.jp/jp/product/teac_hi-res_editor/download
TASCAM HI-Reso Editor
https://tascam.jp/jp/product/hi-res_editor/download 
 
この二つのソフトを使って1曲ずつ変換することになります。私の知る限りでは一括変換できるソフトはないかなと。
 
専門的なところもあろうかと思いますので、不明な点は質問大歓迎ですgood
みなさん、是非、このDSD11.2MHzを楽しんでください。千春さんのリアルな声が目の前に登場しますよnote
*Mac OSの場合、私の知っている限り、DSD11.2MHzは使えません

2015年4月11日 (土)

ハイレゾ音源 第二回

第一回から相当の日にちが経ってしまいましたが、第二回目です。ハイレゾをコストをかけずに楽しむ環境が変わってしまったことが実はこの間起きてしまい、なかなかこのテーマで書けなくなってしまいました。

Korg が公開しているAudiogate2(AG2)というソフトがありました。誰もが無料でこのソフトをDL できました。このソフトを使ってiTunues へCD DL 後のファイルをFlacやWav へ変換し、Bit rate も192MHz へ無料で変換できました。また、このソフトはこれらのハイレゾファイルのプレイヤーとしてもPC上で使用できたのです。ところが、upgradeされたAudiogate3(AG3)では無料変換機能が一切なくなり、AG3を購入(19,800円)するか、 KORGが発売したDS-DAC-10 を購入(本日のKakaku.comの最安値で27,000円)しないとファイル変換ができなくなってしまいました。その後、嘗てのAG2のようなファイル変換ソフトをいろいろ探してみましたが見つけられませんでした。ハイレゾが以前より注目されるようになったことや、Onkyoのサイト等で有料ハイレゾ配信サイトが公開されていることが影響しているのかと思われます。

ただ、上記の論点はあくまで、ファイル変換をコストをかけずに行うという観点からのものであり、本当に音の良いハイレゾを聴きたいということとは別と思われます。Luxman等のD/Aコンバーター(ほぼ、10万円以上)を通してgood なヘッドフォンで聴いた音とKorgのDS-DAC-10では、音質は異なりすぎるのではという気がします。

そうは言っても、ハイレゾのファイルが無いと聞けないという根本的なことがあり、私としてはKorgのDS-DAC-10を入門編としてお薦めしたいと思います。これをきっかけにして、もっと音のよいD/Aコンバーターを購入するか、Sonyのハイレゾウオークマンを買うかというところではないでしょうか?因みに、私は最新のものではなく、NW-X1(128GB)をヤフオクで落札して手に入れました。また、D/Aコンバーターは、Olasonic NANO-D1を使っています。プレーヤーはMacのAmarraを使用しています。ゼンハイザーIE800のイアフォーンでKIroroを聴いています。

 

 

2013年9月26日 (木)

ハイレゾ音源 第一回

いま、かなり嵌っているのがハイレゾ音源です。いわゆるCDがサンプリングレート44.1mhz, 16ビット。それに対してハイレゾ音源は192mhz, 24ビット。簡単に言うとあなたのiTunesにセーブされている一曲、一曲のファイルサイズはせいぜい25-26MB。5分弱くらいの曲です。ところが、ハイレゾ音源だと342MB。CDはもともと圧縮された音なので、その圧縮を解き放つとファイルサイズが10倍になり、今まで聴こえなかった音が聴こえたり、目の前でトライアングルが鳴っているように聴こえるわけです。もちろん欠点はファイルサイズが大きいため、iPhonet等に保存できる曲数が限られてしまうということ。でも音は信じられないくらい良い音なのです。

ハイレゾ音源が具体的にどんなものか知りたかったら、以下のサイトを訪問してください。無料ダウンロードもできますし、有料ファイルなら結構たくさんのアルバムがダウンロードできます。因に、このところ最も人気のあるアルバムは、わが、Kiroroの『キロロのいちばんイイ歌あつめました』です。

http://www.e-onkyo.com/music/

10056_3



ダウンロード後はどのようにすればハイレゾ音源を楽しめるかについては次回以降お伝えします。

 



Kiroro20周年CD

日本ブログ村ミュージシャン応援

アクセスカウンター@

閲覧中です